Survey

赤外線外壁調査

赤外線外壁調査

ドローンによる赤外線外壁調査
12条点検・大規模修繕の積算にも対応

外壁調査について、このようなお悩みをおもちではありませんか?

  • 調査費用を抑えたい


  • 工期を抑えたい


  • 大規模修繕の見積りを少しでも実数に近づけたい


  • 事故を減らしたい


  • 赤外線カメラよりも打診の方が浮きを発見する精度が高いのでは?

赤外線外壁調査なら全てを解決します!

赤外線外壁調査のメリット

修繕(大規模修繕)時の積算に活用

外壁修繕時、従来の積算は人が手の届く範囲や立入り可能なバルコニー内を打診したり、地上からの目視による積算が主でした。
しかし、建物全体を調査しない・できないため、修繕費用の積算と実数に大きな乖離があるケースもあります。
仮に、当初予定していた費用より上ぶれてしまった場合は、管理組合や修繕工事を手掛ける会社共に負担です。
積算時にドローンによる外壁調査を行う事で、従来では調査出来なかった箇所(妻面など)も可視・赤外線療法で調査できるため、建物全体の状況を把握した上で積算し、双方が納得した上で工事にも取り掛かれます。
また、調査時間も従来の1/4まで削減できるため、入居者の負担も軽減されます。

12条点検の調査結果で使用可能

特殊(特定)建築物は、物件の規模や用途によって10年毎に全面打診が義務化されています。 その際、全面打診では足場組やゴンドラ、ロープアクセスによる打診ではコストが膨大になるため、ドローンを使用した調査が注目されています。
打診の代わりとして、赤外線調査はOKであったものの、精度の問題(地上からの照射では、高さに限界がある等)であまり活用されていませんでした。
しかし、ドローンが登場したことによって、基本的にはどんな高さであっても水平に撮影する事ができるため、12条点検の調査結果として使用可能になりました。

調査費用大幅カット

マンション等の大型物件の外壁点検をする際は足場やゴンドラを組まなければいけませんが、ドローン調査では必要ありません。
足場代は意外と高額なもので、建物の構造にもよりますが数百万円になるケースもあります。
マンションやビルの赤外線調査は立地の関係で隣のビルから撮影しなければいけないケースもありましたが、ドローンを使えば問題なく調査が行えるのでコストの大幅な削減につながります。

調査時間大幅カット

ドローンを活用する事で、調査時間の大幅な削減が実現出来ます。ブランコや足場調査等の従来の方法であれば1か月以上かかる現場でも、ドローンを活用する事で1日で済む事もあります。
建設分野は特にドローンの活用が積極的なので成長も早く、大規模なプロジェクトになればなる程、高い効果を発揮します。

安全の確保

万が一、ドローンが墜落し人・物件等に危害を与える事が無いよう万全の安全策を講じております。
ドローン調査に関する事項を全網羅したマニュアル作成や、保険への加入も当然ですが、物件の状況や天候を考慮し、接近して画像を収めるような危険性のある操縦をするのではなく、高解像度のカメラを搭載し、遠方より撮影することで安全に調査を行うなど、周辺機器も充実させて上で調査に臨んでおります。

最適な角度からの撮影

赤外線カメラで対象物を点検するには、最適な角度から撮影する必要があります。
ドローンなら最適な角度から撮影出来ます。

赤外線外壁調査メニュー

調査の範囲・建物の大きさにより金額が前後しますので、正確な金額はお見積もりさせていただきます。

可視カメラ撮影 1フライト 165,000円(税込)~
※別途費用 解析報告書作成費、交通費・宿泊費
可視カメラ+赤外線撮影 1フライト 330,000円(税込)~
※別途費用 解析報告書作成費、交通費・宿泊費
対応エリア 福岡県北九州市を中心に福岡県全域に対応
山口県・大分県・佐賀県・熊本県・その他九州一円にも柔軟に対応いたします

調査までの流れ

Step01
お問い合せ

まずはお気軽にお問い合せ下さい

Step02
事前調査

物件の詳細をヒアリングし必要があれば 現地調査も行います

Step03
見積作成

事前調査後、お見積りを作成します

Step04
調査

ドローンによる現地調査を行います

Step05
調査結果報告書提出

調査結果を報告書にてご提出致します

Contact us お問い合わせ


私たちは、広くドローンの安全飛行や技術指導に関する事業を行い、経済活動を応援し社会に寄与していきます。
ドローン資格取得、ドローン操縦のことならお気軽にお問い合わせください。

受付時間 9:00~21:00 / 定休日 なし


― Back to page top